RSタイチジャケット  D3O仕様

10月に転倒しました。

全くの初心者的転倒でした。

斜度のあるパーキングで、一服したあとに

「このまま、登ろうかな~ それとも車・バイク多いから下って戻ろうかな~?」

と、斜面に対して横切るように、登り・下りの判断をしないままバイクを低速運転。

「やっぱり下って戻ろう」とハンドルを下り斜面に切ったところで、本線に自動車が見えました。

ブレーキ握って、何てことか、クラッチまで切ってしまいました。

『えっ! 何でバイク傾いていくの~?』
とCB1100は、下り斜面に向かって傾いていきました。

低速走行しているので、足で支えることも出来ず、

『新車に傷つけては!』
と言う意識があったのでしょうか、ハンドルから手を離さずにそのまま転倒。

肩から路面に倒れこみました。

結果、左鎖骨遠位端骨折。。

身の丈にあったバイクに乗っていなかった、自分の責任ですが、


ど~しても納得できなかったのが、プロテクター

肩、肘、背中、そして胸とCE規格をクリアした、プロテクターが装着されているジャケットを
着用していて、低速転倒で鎖骨骨折するものなのでしょうか?

先日、初めてプロテクターをジャケットから取り出してみました。

肩のプロテクター
e0159671_20421893.jpg
 

えっ!薄い。。。
えっ!やわらかい。。。
e0159671_20432241.jpg


グニャグニャです。
e0159671_20441539.jpg


RSタイチさんに文句いっている訳では、ありません。

この程度でCE規格LEVEL1をクリアしてしまう、規格自体が不思議です。


でもこのジャケット気に入っているんです。
e0159671_20461516.jpg


そうとなれば、プロテクター変えちゃいましょう。

いや、あるんですよ。。。
教習所で着けるような、鎧のようなプロテクター。
でも、バイクに乗るたびに、いちいち装着していると面倒で
その内に「いいか~」となるような気がして。。。

と、なればD3Oしかないでしょう。。。
e0159671_20474483.jpg


普段はグニャグニャ、衝撃を与えると固くなる素材です。

元々のプロテクターとの比較。


e0159671_20495430.jpg


e0159671_2050945.jpg



e0159671_2051883.jpg


e0159671_205138100.jpg


単品で販売していましたので、合うかどうか分からないままに
買っちゃいました。

結果…

何とか装着できました~
e0159671_20542958.jpg


RSJ300
DRYMASTER PRISM JACKET 2014
D3O仕様ジャケットの完成です。


胸のプロテクターも装着すると、物凄く「重い」です。

でも、D3Oプロテクター採用している、HYODさんのジャケットも重いはずですが、
そんな話は聞きませんので、何とかなるかと…

インプレは3月にプレート抜いてからですね~
[PR]
by yamakow-yamakow | 2014-12-22 21:03 | バイク
<< 冬眠 医者通い >>